チャリヨガのWSについて。

心豊かに生活していく為の

ライフスタイルの提案

uniCLE代表の井上です。

1月21日にサイクリストに向けたイベントを開催しました。

ABM*アスリートボディメイキング

呼吸法で体幹をつくり手脚を解放。自在に動ける体を目指す。

Chari YOGA*チャリヨガ

サイクリストの最高のリラクゼーション。


WSの合間と終了後のお食事もイベントの主役です。

毎回、開催地であるヘルシーアカデミーさんが

有機野菜や最高の食材で調理してくれます。

 

ブッフェ形式なので、最初に食べ残さないことをお約束してからお食事を開始しています。

 

 


ここでの食事が参加した方の

食への意識を変えるお手伝いになるように。


今回はチャリヨガインストラクターのお話をさせていただきます。

 

チャリヨガではアシスタントさんを含め、非常に素晴らしいインストラクターさんにご協力いただいてますが

メインインストラクターはSHIRAHI先生です。

 

私の妻です。

 

実はuniCLEは家族中心に頑張っている組織なんです。

 

SHIRAHI先生のクラスを受けた方の中にはヨガ経験者を多くいますが

新しい気づきがあるようで感動する方も少なくはありません。

 

ヨガインストラクター歴は数年とそれ程長くはありませんが

SHIRAHI先生は非常に特殊な経歴を持った講師です。

 

①空手の師範代である。

②頚椎圧迫骨折をしている。

 

空手の師範であった父の影響で空手を始め、師範代として多くの生徒に指導をしていました。

したがって、教えることに関しては相当なベテランです。

 

そして、過去に頚椎圧迫骨折をして半身不随になりかけたことがあります。

それを免れた後も後遺症に苦しみましたが、ヨガを実践したことにより軽減して今があります。

 

そうです、妻の体は呼吸法と体幹で支えられて生活ができているといっても過言ではない状態です。

 

なので、呼吸や体幹などの変化には今も人一倍敏感です。

 

今もたまに後遺症に悩まされています。

 

しかし、それが驚くほど分かりやすいインストラクションを可能にしているのも事実なんです。

 

SHIRAHI先生のクラス、受けてみてください。

 

もちろんどのインストラクターさんのレッスンも受けてみていただきたいです。

 

ヨガやピラティスを学ぶ場所はたくさん増えてきました。

 

サイクリストであり、ヨガ講師もしている方もいます。

 

まずは敬遠せず、体験してみてください。